英語版サイトへ 日本語サイト
柿渋倶楽部 トップページへ

昔ながらの柿渋つくり

夏の終わりに、まだ青く小さな柿渋を採取し、
へたをとります。

その日のうちに、木の臼で粉砕します。

容器に入れて、水をひたひた迄加えます。

一週間寝かせて、発酵させます。

圧縮して、液を搾り出します。

搾り出された液は 最初の 3ヶ月は、
朝と夕方にかき回し、 そのあと数年 寝かせて
柿渋液の出来上がりです。

ページトップへ
トップ | 柿渋倶楽部とは? | 柿渋の効能と効果 | 昔ながらの柿渋つくり | 柿渋倶楽部掲示板 | リンク | ご利用ガイド | ブログ